おたふく風邪とは

おたふく風邪とは、耳下腺を主とした唾液腺の腫脹および圧痛、発熱を主張とする急性ウィルス性伝染病です。
続きを読む

おたふくかぜの正式名称

おたふくかぜの正式名称は「流行性耳下腺炎」。“耳下腺炎”という通り、耳の後ろからあごが腫れ上がって痛くなります。
続きを読む

おたふく風邪の症状

おたふく風邪とは、ムンプスウイルスに感染することで起こる病気です。。正式には流行性耳下腺炎といいます。せきやくしゃみで飛ばされたムンプスウイルスを吸い込むことで感染します。
続きを読む

おたふく風邪はどう治療すればいいの?

おたふく風邪の原因はムンプスウイルスですが、このムンプスウイルスを退治する薬はありません。自然におたふく風邪の症状が治るのを待つことになります。痛みがひどいときや熱で体力を消耗したりするときには症状を抑える薬を使うことがあります。
続きを読む

おたふく風邪ってどんな症状なの?

おたふく風邪の潜伏期が過ぎると、発熱したり、それと同時に耳の下が腫れてきます。耳の下は片方だけ腫れることも、左右両側が腫れることもあります。これがおたふく風邪の特徴です。
続きを読む

おたふく風邪予防接種はうけたほうがいい??

おたふく風邪の予防としておたふく風邪予防接種が有効と書きましたので、おたふく風邪予防接種の簡単な知識を書いておきます。
続きを読む

おたふく風邪に似ている病気

おたふく風邪のように耳下腺が腫れるもので多い病気として反復性耳下腺炎(おたふく風邪と呼ばれていない)があります。
続きを読む

おたふく風邪の症状

・おたふく風邪の潜伏期間は15〜21日くらいです。

・37℃〜38℃台の発熱はおたふく風邪にかかった人の約半数の人に2〜3日みられます。
続きを読む

大人でもおたふく風邪

おたふく風邪は人生で一回しかかかることはありません。子供の時期にかかるのが一般だが、まれにあるのがおたふく風邪が大人でもかかるということです。
続きを読む

おたふく風邪の合併症

髄膜炎・髄膜脳炎がおたふく風邪の合併症として最も頻度が高い合併症です。予後はよいです。
続きを読む

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。