おたふく風邪に似ている病気

おたふく風邪のように耳下腺が腫れるもので多い病気として反復性耳下腺炎(おたふく風邪と呼ばれていない)があります。

・反復性耳下腺炎(おたふく風邪と呼ばれていない)の症状として、耳下腺が何回も腫れる。片側、あるいは両側の耳下腺が突然腫れ、1〜2週間ほど腫れ、年に数回繰り返します。

・反復性耳下腺炎(おたふく風邪と呼ばれていない)の原因は、細菌が入って起こるものと、原因がわからないものがあります。

・反復性耳下腺炎(おたふく風邪と呼ばれていない)は、抗生物質を飲むと良くなるものがあります。

・反復性耳下腺炎(おたふく風邪と呼ばれていない)にかかる年齢は、6歳未満に多いです。(中学生までには8〜9割くらいの割合で自然に治ります。)

・反復性耳下腺炎(おたふく風邪と呼ばれていない)は伝染病ではないです。

・反復性耳下腺炎(おたふく風邪と呼ばれていない)にかかり、発熱はあっても37度台の事が多いみたいです。


また、おたふく風邪に似ている病気として化膿性耳下腺炎(おたふく風邪と呼ばれていない)があえります。

・化膿性耳下腺炎(おたふく風邪と呼ばれていない)の原因として、耳下腺に細菌が入って起こります。

・化膿性耳下腺炎(おたふく風邪と呼ばれていない)の治療は、抗生物質を飲むことが治療になり、原則として入院します。

・化膿性耳下腺炎(おたふく風邪と呼ばれていない)にかかったら、発熱・耳下腺の腫れと痛み、頬の赤みが出ます。

・化膿性耳下腺炎(おたふく風邪と呼ばれていない)にかかる時期として、新生児や乳児、消耗性疾患にかかった年長児までにみられます。

・化膿性耳下腺炎(おたふく風邪と呼ばれていない)は、片側の耳下腺の腫れで発熱・耳下腺の痛み・開口(口をあけること)障害・腫れたところの皮膚の赤みがあります。

・化膿性耳下腺炎(おたふく風邪と呼ばれていない)は、耳下腺の出口から膿がでてきます。

などおたふく風邪と似たような症状があります。

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。